ビジネスに海外旅行に活躍する大人の男性におすすめのスーツケース&キャリーバッグ人気ランキング

男性は、女性に比べると荷物が少なく、普段多くの荷物を持ち歩くこともないため、鞄は小さめか、財布を尻ポケットに入れて手ぶらで出かける人が多いのではないでしょうか。

しかし、ビジネスでの出張やプライベートの旅行などのシーンでは、さすがに荷物を運ぶためのキャリーバッグが必要になります。

見知らぬ土地へ行く旅行で不必要なお洒落をする必要はありませんし、ビジネスで過剰なドレスアップは必要ありません。しかし、持っているキャリーバッグがあまりにも見窄らしければ、ビジネスの場にて信頼性を失いかねませんし、旅行でも彼女にカッコ悪いと思われたり経済力を疑われたりしかねません。

大人の男なら、普段使いの鞄やビジネス鞄同様に、キャリーバッグにもこだわりたいものです。とはいえ無数にあるキャリーバッグの中からどれを選んでいいのか分からないという声が大きいのも事実です。そこで今日は大人の男が使って恥ずかしくないイケてるキャリーバッグをランキング形式でご紹介したいと思います。まずは選ぶ基準について軽く触れてから、おすすめの商品をご紹介します。

大人の男のスーツケースの選び方

一概にスーツケースやキャリーバッグといっても様々な種類があるのをご存知ですか?スーツケースというと、一般的には硬い樹脂でできたハードケースを想像する方が多いのではないでしょうか。ポリカーボネート樹脂でできたものが圧倒的多数を占めますが、中にはアルミでできた金属製のカッコイイボディの製品もあります。まあ例外なく大変高価なのですが。

一方、キャリーバッグやキャリーケースというと、ファスナーで開け閉めするタイプの製品を思い受けべる方が多いと思います。ファスナーで開け閉めするタイプにも、硬い樹脂でできたハードケースと、柔らかい布でできたソフトケースがあります。

日本人は圧倒的にハードケースを好むとされていますが、ビジネスマンや旅行添乗員など旅慣れた方は柔らかい布のソフトケースを愛用する方が多いようです。また、日本人はファスナーで開け閉めするものよりも、固いスチールやアルミのフレームに鍵がついているタイプを好むようです。

というわけで一概にスーツケースやキャリーバッグと言っても様々なタイプがあるわけですが、どのタイプを選んでも大して変わりがないというのはあまり知られていません。一番重要な強度面では、どのようなタイプを選んでもそれほど変わらないそうです。

一般的なイメージでは、固い樹脂でできたハードケースで金属のフレームがついているタイプが一番頑丈そうに思いがちですが、一番脆そうな布でできていてファスナーで開け閉めするソフトケースでも破損する確率は変わらないそうです。

ファスナーは脆そうに感じますが意外と壊れないそうです。ただし、ナイフでファスナーの部分を切り裂かれる恐れがあるなど、防犯性は金属のフレームが付いているタイプに劣るそうなので、旅の初心者には金属のフレームが付いた固いハードケースをすすめる専門家が多いそうです。

ファスナーの鞄のほうが軽量であるため、女性などにはファスナーの鞄を薦める人もいるようですが、男ならやっぱり金属のフレームでしょう!!

また、防犯上の問題がない国内移動ならファスナーでも問題ないとする意見が多いようですが、海外にも行く可能性があることを考えればフレームがおすすめです。なにより開け閉めする際の手間が少なく使い勝手に優れますからね。

いくらくらいのキャリーバッグを購入するべきなのか

さて男ならドーンと金属フレームのハードケースを買えという話でしたが、お値段はどのくらいするのでしょうか?ヨドバシカメラなど沢山キャリーバッグを並べているお店に行ってみてみると、1万円台から3万円台くらいの商品が並んでいます。

ネットを見ると1万円ジャストくらいで買えてしまう安物もありますが、スーツケースは強度が肝心となる商品ですので、あまり安いものはダメという意見が多いようです。実際に安物を買って1回の使用で壊れたという声は多くあります。高い商品をこあっても運が悪いとすぐ壊れることもあると言われているのに、安物ではなおのことです。

専門家に言わせれば、2万円以上の商品で有名なメーカー製であれば大きく性能は違わないとのことなので、ある程度のメーカーのものでデザイン的に気に入ったものを買うのが良いでしょう。

ただ、ファッションにおいてスーツケースは決して主役ではありません。あまりドギツイ派手派手なものは避けるほうが無難でしょう。落ち着いた無難なデザインのものが一番良いと思います。

どんな高価な製品でも破損は運次第なので、最低限の品質を満たして、なるべく安いモデルを買うのがおすすめだとする意見もあります。ある程度有名なメーカーが作っている製品群の中から最も安い価格帯の製品を選ぶという考え方です。

確かに、ただ使う道具として考えるなら、こうした製品を選ぶのが最もコストパフォ-マンスに優れるのでしょう。単なる激安品では強度や品質に劣りますが、名のあるメーカー品なら安くてもある程度の最低限度の品質はクリアしているはずです。

ただ、主役ではないとはいえ大事なファッションの一部を構成するものですので、お金に余裕がある大人の男でしたら、ある程度の価格帯の製品を購入したいところではあります。本当に余裕があれば10万円を超えるようなブランド品を購入してみるのも良いかもしれません。

もっとも、海外の空港で投げられて傷だらけになったり最悪壊れたりする恐れが高い消耗品のスーツケースはコスパで選んで、長く使える他のファッションアイテムの方にお金をかけるという考え方もあるでしょう。

コストパフォーマンスで選ぶならこれだ!

f:id:thirtiesproject:20170609174709p:plainエミネント プロ
世界的スーツケースブランドエミネントのハイパフォーマンスモデルです。エミネントといえば比較的んリーズナブルな商品を出しているブランドですが、こちらの商品は2万円近く比較的ハイエンドモデルです。それでも同クラスの他の有名メーカー製ならば3万円は下らないレベルの商品ですので、コストパフォーマンス抜群です。エミネントといえば世界ナンバーワンの旅行かばんメーカーであるサムソナイトの下請けも行っており、安いモデルと違ってこのハイエンドモデルはサムソナイトと同じ工場で製造されています。品質と値段で考えれば圧倒的コストパフォーマンスです。


f:id:thirtiesproject:20170609174714p:plainWIZARD SR
国内有名メーカーのサンコー鞄の商品群の中でも安価なモデルとなっています。国内外の有名メーカー製で、この手のハードケースでファスナーではないフレームのモデルですと、どうしても2万円第後半から3万円台というお値段になってしまいますが、こちらはポイントを合わせれば2万円台前半で購入できますので、コストパフォーマンスに優れた商品です。

安心の日本製を希望するならこれだ!

f:id:thirtiesproject:20170609174709p:plain ヒッグス
日本最大手の鞄メーカーであるエース鞄のワールドトラベラーのブランドから発売されているハードケースです。もちろんエース鞄の最高級ブランドであるプロテカと同じ工場で製造されていて性能は変わりません。日本製としては最安クラスの製品で、コストパフォーマンスに優れます。もっとも、日本製であるということを除けば海外性の安い製品と変わらないため、こだわりがない方はコスパに優れた上記の海外製の製品で十分です。


f:id:thirtiesproject:20170609174714p:plainプロテカ エキノックスライトU
エース鞄の最高級ブランドであるプロテカから最上級モデルのエキノックスライトです。日本製でも最高峰のスーツケースで、軽量性と堅牢性を兼ね備えた最高峰のモデルです。ポリカーボネート製のスーツケースとしてはお値段も最高レベルで、リモワなど海外の高級メーカーにも匹敵するレベルです。そのためコスパという意味では少々劣ります。この値段を出すならリモワなどのブランド品を購入したいという方も多いでしょう。

高価でもとにかくカッコイイ高級なキャリーバッグのおすすめ!

f:id:thirtiesproject:20170609174709p:plainトパーズ
言わずと知れた高級スーツケースメーカーであるドイツのリモワの高級キャリーバッグです。トパーズシリーズはリモワの製品の中でも上級グレードの製品で、ジュラルミンというアルミ合金で出来ているのが特徴的なキャリーです。リモワにはサルサなどのポリカーボネート樹脂でできている廉価版シリーズもありますが、なんといってもこの金属ボディのモデルこそが本物のリモワなのです。やはり金属製ボディのスーツケースは数あるキャリーバッグの中でも圧倒的な存在感を放ちます。重い、凹みやすいなどポリカーボネート樹脂のモデルよりも劣る面もありますが、それを上回る圧倒的な所有する喜びがあります。


f:id:thirtiesproject:20170609174714p:plainトパーズプレミアム
トパーズよりもさらに上位の最高級モデルがトパーズチタニウムです。機能的には大きく異なりませんが、シルバーのトパーズに対してこちらはシャンパンゴールドでさらに高級感が増します。簡単には変えないね団体の製品になりますので


f:id:thirtiesproject:20170609174725p:plainジオ アルミニウム
リモワと並ぶアルミケースの老舗、アメリカのゼロハリバートンのスーツケースです。日本のエース鞄の傘下になった現在もアメリカでの製造にこだわり高品質なアルミケースを作り続けています。高価ながらそれに見合った価値を提供してくれます。